即日でキャッシングできるサービスの比較

「即日キャッシング」と言えば、まず最初に思い浮かべる方法は「消費者金融」という人は少なくないでしょう。

事実、この手のサービスは消費者金融系カードローンの代名詞と言っても良いほどの認知度を誇っていて、消費者金融系カードローンを利用する人の多くは「スピード融資」を目的にしていることも少なくありません。

しかし、即日融資に対応しているのは消費者金融系カードローンだけではありませんし、消費者金融系カードローンにしてもそれぞれに違った特徴がある以上は「適切な選択」が重要になります。

カードローンを比較する上で重要な事とは?

申し込むべきキャッシング会社を比較する上で重要なことは「金利」です。

もちろん、「希望するだけの金額を借りられるだけの猶予があるのか」という点も気にすべきではありますが、仮に100万円の希望金額に対して融資上限を1000万円にしているカードローンだからと言って、利用者が全員希望するだけの融資枠を貰えるとは限りません。

そもそも50万円までしか上限設定が無いという状態では困りますが、最低額さえ確保できていれば後は「返済環境」を重視した方が賢明です。

 

その点に関しては後で説明するとして、まずは「即日融資を実現するためのコツ」を説明しておきます。

というのも、対応してさえいれば必ず実現できると言う訳では無く、状況次第では希望するスピードで融資を受けられない可能性があるためです。

基本的な契約までの流れを把握し、その上で「どのようにすれば実現できる(可能性がアップする)のか」を理解しておくことは、希望を叶えるうえで非常に重要ですね。

カードローンの申し込みから融資完了までの手順

ではまず、「申し込みから契約・融資完了までの基本的な流れ」を説明していきます。

各カードローンには、それぞれに設定されている申込み方法があります。

 

インターネットや電話で行う方法は、ほとんどのカードローンで通用しますが、その他にも自動契約機を利用する方法などが選択できる可能性があります。

また、郵送によって申し込みを行う方法などもある為、状況や希望する状態によって使い分けていくことが必要です。

 

現在、特に利用者が多い方法はインターネットを利用したものです。

パソコンやスマートフォンなどから「いつでもどこでも申し込み手続きを行うことが出来る」という利便性があるだけでなく、「まずは情報収集から」と考える人が多い為、その流れでインターネットから申し込み手続きを行う状況が多くなっています。

インターネット申込みの場合、公式サイト上の申し込みフォームから必要事項を入力し送信すると言った流れで申し込みを行います。

特に難しいことも無いので初心者でも簡単に申し込み手続きを行うことが出来ますが、「偽装サイト」を利用してしまうリスクには十分な配慮が必要です。

 

必要事項の入力・送信が完了すると、申し込んだカードローン業者から「電話連絡」が入ります。

そこで、申し込み内容の確認と間違いなく本人が申し込みを行ったのかと言ったことが確認されます。

その確認が済むと審査が開始され、最短30分程度で審査結果が通知されます。

 

この時、審査前後で「在籍確認」が行われますが、審査を通過した人の最終確認をするために行われることが多いので、「在籍確認が行われれば融資が受けられる」という目安として活用することも出来ます。

その後、契約手続きを経て融資方法の選択と進んでいきますが、ここで重要なポイントが「振込融資にするのかATMを利用するのか」という選択です。

即日融資を望むならATMがベスト

問題となるのは「銀行の営業時間」で、銀行が営業中であれば振込融資でもすぐに現金が入金されます。

しかし、すでに銀行が営業を終了してしまっている場合は、振込み手続きが完了するのは翌日以降になってしまうため即日融資を利用することが出来なくなる場合があります。

 

そのような場合には、振込融資ではなく「ATMを利用した方法」を選択することで希望を叶えられる可能性があります。

ATMを利用する為には「カード」が必要になるため、カードを受け取る為に窓口や自動契約機に来店する必要があります。

その為の手段を確保しなければいけないことと、来店時に人目についてしまうリスクはありますが、振込融資よりも随分長く即日融資に対応できる状況が続くため、必要性が高い場合はこちらを選択すると賢明です。

無利息のカードローンもある

以上が「実現するための注意点」になりますが、もう一つ、「返済環境が少しでも優遇されているカードローンを選択する」ということも考慮することが必要です。

例えば「金利が低いカードローンを優先する」と言うことが王道ですが、状況に合わせて「無利息期間の有無を優先する」という方法もあります。

 

低金利のカードローンは如何なる状況においても優先順位が高いことは間違いありませんが、「完済時期が確実な状態」であれば期間を補える無利息期間を利用することで利息0円で利用することも可能です。

実際にどのようなプランで利用していくことになるのかを考え、適切な判断が出来る様に準備をしておくと安心できます。

Leave a Reply

*